「何か儲け話ない?」の言葉の裏に潜む真実とは


Sponsored Link


人が儲け話に群がる訳とは何かを考える


「何か儲け話ない?」
 そんな言葉を耳にしたことはありませんでしょうか。また、「俺は常にそう考えている」という方も少なくはないはずです。
 さて、ではなぜ「何か儲け話ない?」なのでしょうか。
「だって儲かる話に乗ることができれば、お金が入ってくるじゃん」
 おっしゃるとおりですよね。そこで次の質問です。
 なぜお金が入ってくることを望むのでしょうか。
「え?なぜ?当たり前じゃん。お金があれば好きなものが買えるし、遊ぶことだってできる。生活は楽になるし、借金だって返せるかもしれないじゃん」
その通りです。
 儲け話を望むその訳は、この答に集約されることかと思います。
 人がよりお金をほしいと考える裏には、好きなものがほしい、快適なサービスを得たい、生活レベルを向上したい、借金を返済したいといった欲求が存在します。そして、だからこそ、お金が必要となるわけです。

 ところが「儲け話」などそうそう転がっているはずはありません。また、これはと思ってのってみても、結局儲かったのは「儲かるよ」と声をかけてきた相手の方であり、こちらは単にお金を取られたのみというオチさえつくことがあります。
しかしこれ、「儲」という漢字にその答を見ることができます。この漢字を分解すると「人に言う者」となります。つまり儲かるのは人に言う側の者だったわけです。

お金が欲しいのはお金が使いたいからに他ならない


 さて、儲け話がないとなれば、好きなものが買えない、遊ぶことができない、生活は楽にならない、借金は返せないということになります。
 ところがこれらの欲求の多くは、実は儲け話などなくても、簡単に解消することができることをご存じでしょうか。
 これを知るためには、まず、それまでの欲求の真実を把握する必要があります。
 あなたが「儲けたい」と考えたのは「お金が必要」だったからに他なりません。また、お金が必要となっった要因は「好きなものがほしい」「遊びたい」「生活を楽にしたい」「借金を返済したい」にありました。そしてだから「儲けたい」となったのです。
つまりあなたは、お金を使いたいからお金がほしいと考えたわけです。
一般的に人には消費欲求があります。お金を使いたいのです。ところが使えるお金には限りがあります。ですから欲求は満たされることがありません。このため、より多くのお金が欲しいと願うわけです。
 消費欲求に惑わされると、これを満たすためにより多くのお金が必要となります。お金があればさまざまな消費欲求を満たすことができますから。でも、運良くそんな状態を作り出すことに成功したとしても、さらに大きな消費欲求が触発されてしまうものです。このため、あなたはさらなるお金が必要となります。そしてそれを達成し、また次の消費欲求が触発され・・・・。

キリがないのです。

あなたが金銭的呪縛から解放される二つの方法とは


 ところがもし、消費欲求を効果的に抑えることができたならどうでしょうか。
 生活に最低限必要なもの以外のものはあまりほしいとは思わなかったら、あなたはお金を使うという必要性を、今ほどは感じなくなることでしょう。
 無駄なものにお金を掛けない生活を手にできれば、儲け話など探さなくても、毎月お金が足りなくなることはありません。そして、毎月月末にもお金が残るようになれば、それを借金に充てればよいことになります。つまり、ちょっとした意識改革を実行するだけで、あなたの生活は一気に立ち直らせることができるのです。
 なお、この大きな切り替えにおいて、あなたの収入には、何ら変化かがないという点に注目してください。
 もし、使えきれないお金がほしいのであれば、若い頃から起業をして、いち早くそれを株式上場させることです。日本においては、この方法が最も効率的でかつ確実な資産形成モデルだからです。
 しかしそんなことは到底できないと思われるのであれば、消費欲求にある根本的原因を見直すことのみで、あなたの今後の人生は、とても豊かなものとなるはずです。
株式上場か、それとも考え方を少し変えるか。
 いずれの道も、金銭的呪縛から解放されるのに効果的な方法といえそうです。

Sponsored Link

生活関連サイト

  • 月10万円生活.com
  • ご好評頂いた「年収100万円の自由生活」の姉妹サイトです。月10万円で生活をするためのノウハウや意識をまとめました。

お金関連サイト

年収100万円の意識改革編

年収100万円の経済学編

年収100万円の支出削減準備編

年収100万円の開始手続編

年収100万円の支出削減実践編

年収100万円の資産形成編

年収100万円の労働時間削減編

年収100万円の食生活編

貧乏も得られる経済的自由