お金を効果的に増やすために知っておくべき知識とは


Sponsored Link


貯蓄は若ければ若いほど多大なメリットを享受することになる


 先に、貯蓄の最大の味方として、時間があることついてふれています。よって貯蓄は、早く始めればそれだけ多大なメリットを享受できると言えるでしょう。
 たとえばあなたが現在20歳であれば、50歳になるまで30年という時間があります。この時間を味方にすれば、そして年収100万円の生活術をモノにすることに成功したとするならば、あなたはほぼ確実に50歳でリタイヤをして、南の島で優雅な生活を送ることができるはずです。
 また、あなたが30代、40代であったとしても、今すぐに貯蓄を始めれば、定年を迎える65歳までに20~30年程度の時間を味方につけることができるはずです。このため、定年退職をする年齢までに、不安のない老後の生活設計を完了することができることでしょう。
 さらには、年収100万円生活によって自由を手に入れたうえであっても、生涯にわたって安定した生活を築くことさえ十分に可能となるのです。
貯蓄は、なるべく早いうちから始めることが望ましいと言えるわけです。

投資に関する知識を身につけていく必要性


 毎月少しづつであったとしても、継続することで資金は大きなものとなります。そしてこれに加えて投資を併用することで、大きくなったお金自信にお金を生ませることが可能となることについて先にふれています。
 投資とは、お金を何らかの市場に投入することによって利益を享受することに他なりません。しかしながら、投資によって損失を被るリスクもあります。
 このため、最低限のリスクで利益を最大限に得ながらも、損失を最小限に抑える必要があるわけです。そしてこれには、投資に関する十分な知識が不可欠となります。
 現在、投資商品や市場には、さまざまなものがあります。なかには、大きなレバレッジを用いることで、お金を倍増させることができるものさえ存在します。しかしながら、レバレッジは逆にも作用することがあります。つまり、それだけリスクも増大するということです。
 リスクを最小限に留めながらも、最大限の利益を得るためには、十分な知識が必要なのです。

リスクヘッジを図るため分散投資という考え方を身につける


 資金は、それを一気に大きく増やすのではなく、複数に分散することで、リスクヘッジをかけることが必要です。つまり分散投資という考え方です。
 投資先を複数に分散しておけば、その一つが元本割れしたとしても、他の投資先からの利益で補填できる可能性があります。また、利回りは期待できなくても、元本割れのない口座にお金をおいておけば、その部分については、月々の貯蓄額が確実に増えていくことになります。
 投資には、ポートフォリオという概念が存在します。
 ポートフォリオとは、資産を複数の金融商品に分散投資することをいいます。金融商品をうまく組み合わせ、投資先を効果的に分散するとともに、毎月コツコツと小さなお金を投資していくことで、時間的分散によるリスク回避も可能となります。
 たとえば月1万円の貯蓄をする場合、6000円を低利息ながら元本割れすることのない口座へ、2000円を株式投資へ、2000円を投資信託へと投資するなどの方法があります。
 千円の単位で株式や投資信託への投資が可能なのかと思われるかもしれません。しかしこれは十分に可能です。これについては、後に理解を深めていきましょう。
 効果的にしかしセイフティに、お金を増やしていく策が存在することについて、ここではご理解いただければと思います。

Sponsored Link

生活関連サイト

  • 月10万円生活.com
  • ご好評頂いた「年収100万円の自由生活」の姉妹サイトです。月10万円で生活をするためのノウハウや意識をまとめました。

お金関連サイト

年収100万円の意識改革編

年収100万円の経済学編

年収100万円の支出削減準備編

年収100万円の開始手続編

年収100万円の支出削減実践編

年収100万円の資産形成編

年収100万円の労働時間削減編

年収100万円の食生活編

貧乏も得られる経済的自由