お金を使わない携帯電話利用法


Sponsored Link


携帯電話にお金を掛ける無駄


 日々多忙を極めるビジネスマンであれば、携帯電話は必須アイテムとなるはずです。しかし年収100万円生活を気楽に送る私たちには、携帯電話はそれほど必要なものではありません。ですから携帯電話を持つこと自体無駄なことといえそうです。
 しかし、緊急時に連絡を取る必要があったり、掛けることはなくても電話を受けることはあるという方もいらっしゃることでしょう。
 そこで今回は、携帯電話を持つことについて考えを進めることにしましょう。
 大手キャリアの料金体型は、毎年のように変更がなされています。現在では通話し放題の料金体系が加わり、基本料金を支払えば、通話は料金に関係なく掛け放題となって便利です。しかし、常にさほど携帯電話を使わないという人は、この基本料金分が負担となります。
 実は、現在では基本料金0円で、携帯電話を持つことが可能となっています。
 当然のこと通話をすれば高い通話料金を取られてしまいますが、受ける分にはお金は発生しません。また、携帯電話からの電話を受けるフリーダイヤルへの電話も、通話料は発生しないことから、これらを主に用い、こちらから連絡をしたい場合には、メールやLINEなどのSNS、もしくはSMSを用いればよいでしょう。

ほぼゼロ円携帯の契約方法


 さて、では実際にはどの様な方法を用いれば、携帯電話を持ちながら、月々の基本料金をほぼゼロですませることができるのでしょうか。
 実は、これは大手キャリアであればほぼ可能となる方法があります。
 たとえば、NTTDocomoの場合、FOMA契約を結ぶとともに、プロバイダ契約を解除します。つまりインターネット利用をまったくしない状態で契約を結ぶわけです。当然のことEメールはできませんし、インターネットの活用もできません。しかしこの場合の電話自体の契約料金は割引適用で0円となります。月々のコストは、ユニバーサルサービス料の8円のみであり、通話をしなければ、そして他のサービス契約をしなければ、タダ同然で携帯電話番号を維持する事ができることになります。
 さて、この際の携帯電話本体ですが、これを正規で購入しては、月々返済していく必要が生じます。また、実質ゼロ円の携帯電話を契約する手もありますが、この場合は他のサービスへの加入が付帯条件になるなど、不要なコストがかかってしまいます。
 そこで携帯電話本体は、中古の商品を物色することにします。実は中古の携帯電話は、専用の販売業社が現在では多数存在し、インターネットでも入手することができます。
 価格はまちまちですが、安ければ3000円程度で入手することができるものです。
 このように単独で入手した格安携帯電話に、キャリア契約によって得たSIMカードを差し込むことで、月々のコストをほぼゼロにした携帯電話を持つことができるわけです。
 なお、スマートフォンでインターネットアクセスをしたい、EメールやSNSを使う必要があるという方の場合は携帯電話とは別に格安のSIMと中古スマートフォンを用いるという方法があります。
 通信費に毎年7万円から8万円を支払う方が少なくありません。この額は、年収100万円生活の1ヶ月分のコストに相当するほど高額なものです。是非とも0円化への道を選択されることをお勧めしておきます。

Sponsored Link

生活関連サイト

  • 月10万円生活.com
  • ご好評頂いた「年収100万円の自由生活」の姉妹サイトです。月10万円で生活をするためのノウハウや意識をまとめました。

お金関連サイト

年収100万円の意識改革編

年収100万円の経済学編

年収100万円の支出削減準備編

年収100万円の開始手続編

年収100万円の支出削減実践編

年収100万円の資産形成編

年収100万円の労働時間削減編

年収100万円の食生活編

貧乏も得られる経済的自由