クレジットカードからデビットカードへの移行を検討しよう


Sponsored Link


クレジットカードの利便性と罠


 クレジットカードは、現在では頻繁に使われる便利なものとなっています。インターネットでの買い物や、コンビニ、スーパーでの買物も、クレジットカード一枚あれば手軽に決済をすることが可能です。クレジットカードには、一定額の融資枠も付帯していることから、その枠の中であれば、買い物だけでなくキャッシングをすることも可能です。
 クレジットカード対応のATMは、至る所に設置されていることから、どこでも使える利便性も持ち合わせているなど、大変魅力的なサービスと言えそうです。
 しかしこの利便性にも、大きな罠が存在することを、皆さんはすでにお気づきのはずです。

リボルビング払いに存在する大きなリスク


 手軽さゆえに飲食や商品の買い物など、無駄な支出をふやすことになりますし、そもそも一時的ながら借金をしての買い物は、健全な収支バランスを大きく崩しかねないリスキーなものといえます。さらに、クレジットカードには、リボルビング払いという返済方法が付帯しています。枠内であればいくら購入しても、月々の支払いは指定した一定額のみというものであり、その手軽さも手伝ってか利用者は非常に多いようです。
 しかしこのリボルビングサービス、返済を遅らせることにより、より高い金利を得ようとするクレジット会社の戦略であることを意識されている方は、意外にもすくないようです。結局は高い金利を支払うことになりますが、そもそも購入した物自体、手軽さゆえの衝動買いであることが少なくないわけであり、結果として二重の無駄な支出とその返済に、次第に生活を圧迫するようになります。つまり、クレジット会社の戦略にのり、そのままお金を巻き上げられるシステムなのです。

デビットカードの活用を考える


 しかしそうはいえ、ネット社会においてのクレジットカードの利便性は無視できません。
 そこで、クレジットカードからデビットカードへと移行することを検討されてみてはいかがでしょうか。
 デビットカード(Debit Card)とは、商品購入時、銀行などの口座から直接引き落としがなされるものであり、口座に残高がなければ利用することはできません。しかしVISAなども付帯していることから、クレジットカードが利用できる店舗であれば、まったく同じ感覚で利用できますし、インターネット上の決済なども同様に利用することが可能です。
 デビットカードでは、残高がなければ利用できないわけですから、自分の支出可能枠を超えての支払いに対しての自衛措置をとることになります。また、利用の際にはかならず残高を確認しておく必要があるため、無駄な支出を抑えることにも有効となることでしょう。
 デビットカードは、海外でのショッピングや「VISA」あるいは「PLUS」マークのあるATMでの利用も可能であることから、現地の通貨で預金の引き出しをすることもできます。
 このようにクレジットカードの利便性そのままに、しかもクレジットカードの持つ落とし穴を回避できるのがデビットカードです。もし、クレジットカードの利用をされているのであれば、まずそのカードを、デビットカードへ移行することをおすすめします。このことにより、より豊かで健全な未来を手にすることが可能となるからです。

Sponsored Link

生活関連サイト

  • 月10万円生活.com
  • ご好評頂いた「年収100万円の自由生活」の姉妹サイトです。月10万円で生活をするためのノウハウや意識をまとめました。

お金関連サイト

年収100万円の意識改革編

年収100万円の経済学編

年収100万円の支出削減準備編

年収100万円の開始手続編

年収100万円の支出削減実践編

年収100万円の資産形成編

年収100万円の労働時間削減編

年収100万円の食生活編

貧乏も得られる経済的自由