意外に高額な通信費を見直そう


Sponsored Link


スマートホンや携帯のコストを再確認する


 昨今では誰もが手にしているものに携帯電話があります。また、最近ではスマートホンの普及率も高く、電車やバスの中、駅やカフェなど、至るところでスマートフォンを覗き込む人々を目にします。
 スマートホンがあれば、写真や動画、音声などの記録が容易にできるだけでなく、各種SNSサービスなどインターネットサービスを、場所の制約なしに利用することができるようになりました。非常に便利なスマートホンですが、購入すれば5万円以上もする高額なデバイスであり、月々の利用料にスマートホンの分割代金を加えると、正規のコストは6~7千円程度になることもあるようです。仮に月平均6千円かかるとすると年間7万2千円となり、とても無視できないコストとなってしまいます。

スマホによるネット利用のみであれば月500円のコストで利用できる


 そもそもスマートホンのユーザは、その多くが通話よりもインターネットの情報検索やSNS利用、メールなどのやり取り、アプリケーションの利用を目的としているはずです。そしてこれをスマートホンで実現するには、中古で販売されている古いモデルのものを5~6千円程度で購入するか、もしくはこれまでに使っていたもののSIMロックを解除し、これに月500円程度の固定料金で利用できるSIMを挿入すればことは足りるはずです。
 500円程度で利用できるSIMの場合、速度が150kbpsと低速ですが、それでもネットのブラウジングやSNSの利用、メールのやり取りは問題なく利用することが可能です。つまり、月500円あれば、6千円程度支払っているユーザと、さほど相違のないサービスを受けることが可能となるのです。

通話専用の携帯を持つことで通信コストを圧縮


 しかしこの環境では、電話でのやりとりをすることはできません。月500円程度のサービスは、インターネットアクセスが可能となる一方で、通話サービスには対応しておらず、電話番号による通話サービスまでをサポートしていないからです。通話を無料にするLINEなどのサービスもありますが、100kbpsでは品質の良い通話は望むことができません。
 さて、これを解消するためには、ドコモを始めとしてサービスが開始される「カケホーダイ」などのサービスを検討するとよいでしょう。このサービスでは、基本料金で国内の通話であれば制限無くかけることができます。また、その基本料金は、合計でも2200円程度と手軽です。これに先のSIMカード代500円を加えたとしても、総計は3千円程度。このコストで、ネットと電話は使い放題となるのです。
 通信費は、日々の生活を圧迫するほど高額なものといえます。是非ともより安価なサービスへの組替えを検討してみていただきたいと思います。

電話は受けるだけという方は、月1000円程度で携帯が持てる


 携帯電話は受けるだけで、かけることは滅多にないという方であれば、月1000円程度のコストで携帯電話を持つことも可能です。携帯電話にはプリペイド携帯があることから、これを用いれば、格安のコストで電話番号を取得することができるからです。また、IPパケットをまったく利用せず、しかも割引を最大限に使えば、プリペイドでなくても、同額程度のコストで携帯電話を持つことができます。
 ちなみに先の「カケホーダイ」サービスを選択せず、980円の基本料金で電話番号を維持することができます。
 メールについては、現在では電話番号で、ショートメールのやり取りが可能となるため、コミュニケーションの多くはことが足りてしまいます。
 携帯電話の基本料金+パケット定額で、毎月6から7000円程度支払っている方であれば、年間7万円以上のコスト削減ができることになります。

Sponsored Link

生活関連サイト

  • 月10万円生活.com
  • ご好評頂いた「年収100万円の自由生活」の姉妹サイトです。月10万円で生活をするためのノウハウや意識をまとめました。

お金関連サイト

年収100万円の意識改革編

年収100万円の経済学編

年収100万円の支出削減準備編

年収100万円の開始手続編

年収100万円の支出削減実践編

年収100万円の資産形成編

年収100万円の労働時間削減編

年収100万円の食生活編

貧乏も得られる経済的自由