意外に知られていない家計簿の効果的な利用法


Sponsored Link


家計簿はつけただけでは全く意味がない


 家計簿の必要性について先に述べています。家計簿によって収支が明確になれば、抑えるべき部分を抑えることで支出を減らすことができることになります。
 しかし、中には家計簿をつけることで満足してしまい、家計の見直しを行わない人もいるようです。これではまったく意味をなしません。また、家計簿はつけたものの、どこをどの程度見直していけば良いのかという判断が付かないというお話も耳にします。
 そこで今回は、家計簿を徹底的に検証し、支出を大幅に減らす方法について学んでいくことにします。とはいえ、方法さえわかれば、誰にでもとても簡単に行うことができます。
それではさっそく始めてみることにしましょう

一ヶ月分の家計簿を確認する


 最近ではビッグデータという言葉が広く知れ渡るようになりました。インターネットなどによって収集される各種の情報を多角的に処理することで、これまでに見えなかった事象を発見しようとする取り組みです。
 実は、家計簿においても一ヶ月継続してつけることができれば、そこからは、多くの事を知ることができるものです。
 「たった一ヶ月で?」と思われるかもしれません。しかし、私たちの多くは毎月給与を支給され、それを使うことを繰り返しています。給与は通常毎月給料日に支給されます。そしてこの給与をやりくりすることで、次の給料日までの生活を成り立たせているはずです。
 支出額総計が給与に届かなければ、それは貯蓄へと回すことができます。一方で支出が給与を上回れば、それは赤字として貯蓄額を減らすことになったり、借金をふやしてしまったりといった好ましくない結果を生みだしてしまうわけです。
 ですから、一ヶ月という単位のデータは、あなたのこれまでの、そして今後の生き方の指針でもあるといえるのです。

超簡単にできる家計簿確認


 一ヶ月分のあなたの家計簿には、当然のこと数多くの支出明細が日別に並んでいるはずです。
 しかし、数字に慣れていない方の場合、このデータを眺めてみても、どれをどう改善して良いのかが全く見えないこともあるはずです。
そこで簡単な検証方法を試みることにしましょう。赤と黄色のマーカーペンを用意して下さい。
 そして、家計簿の明細を1日から末日までじっくりと見ていきます。
 数多くの項目をひとつひとつ確認しながら、それが浪費として支出されたものかを、まずはチェックして下さい。つまり無駄に使われたものかを検証するのです。そしてもし浪費として認識できる支出については、ひとつひとつ赤のマーカーを引いていきます。
 思わず買ってしまったが、実際にはさほど必要のなかったものや、バスがあるのに面倒だからと利用してしまったタクシー代、家に帰れば食べる物があったのに面倒で立ち寄った外食費など、数多くの項目に赤いラインを引くことができるはずです。
 一ヶ月分の明細すべてをチェックして、赤いラインを引き終えたなら、次に赤のラインの金額を電卓などで計算し、その総計を算出します。
 合計額はいくらになったでしょうか。意外に多い金額になったのではないでしょうか。
 さて、次です。
 家計簿の明細には、まだ赤いラインが引かれていない行も多く残されているはずです。
 今度は黄色のマーカーペンを持ち、先と同様に先頭から見ていきます。今度は浪費ではなかったものの、少し考えれば、もっと安い金額で済むのではないかという項目を探します。
 高速道路のガソリンスタンドで給油したが地元で入れればもっと安かったとか、コンビニの総菜を買ったがスーパーで買えばもっと安かった、家賃は固定経費だがもっとやすい所に移れば下がるはずなどなど、考えればいろいろと出てくることでしょう。このような項目のすべてを黄色でマーキングしていきます。
 これで検証前準備は完了です。

赤と黄色のラインを見ながら翌月の支出計画を立てる


 まず赤で塗りつぶされた項目については、翌月は0にすることを目指します。
 もともと浪費であるわけですから、不要な支出であり、使わなかったとしても生活していく上で支障はないはずです。これを実行するだけで、先の赤いラインの合計金額を浮かせることができることになります。
 次の黄色のラインですが、これについては、翌月は十分に考えてより安い価格で購入する、もしくは購入を控えるように心がけます。
 人によっても異なりますが、実はこれだけで、月5~6万円程度はごく簡単に支出が減るものです。完全な浪費や、少し考えれば削減することのできる支出は、意外に多いものです。つまり、自分でも気づかぬうちに、多額の浪費を繰り返しているものなのです。
 いかがでしょうか。決して難しくはないはずです。
 是非とも来月の出費を大幅に削減していただきたいと思います。
 あなはお金にまつわるストレスからすぐにでも脱することができるはずです。また、ワーキングプアの状態で二つの仕事を掛け持っている方であれば、一つの仕事をこれだけでやめることができることでしょう。

Sponsored Link

生活関連サイト

  • 月10万円生活.com
  • ご好評頂いた「年収100万円の自由生活」の姉妹サイトです。月10万円で生活をするためのノウハウや意識をまとめました。

お金関連サイト

年収100万円の意識改革編

年収100万円の経済学編

年収100万円の支出削減準備編

年収100万円の開始手続編

年収100万円の支出削減実践編

年収100万円の資産形成編

年収100万円の労働時間削減編

年収100万円の食生活編

貧乏も得られる経済的自由