家計簿をつけることで支出を最小限に抑えよう


Sponsored Link


家計簿の重要性とシェアウェアを使う有効性


「家計簿」というと堅実な主婦をイメージしてしまいがちですが、独身の方であっても、家計簿をつけることで、大きな出費を抑えることができるものです。
 最近では、家計簿を簡単に付けることができるフリーのシェアウェアが多く存在します。つまり無料の家計簿ソフトが多く存在するのです。昨今では、多くの方がPCをお持ちのはずです。PCで家計簿をつければ、科目ごとの集計を電卓で行うことなく、常に日々や月々の科目合計をビジュアルに確認することができることから、これを使わない手はありません。

毎日数分で完了する家計簿情報の入力


 基本的にお金は使わないようにすべきですが、それでも必要最小限の買い物は必要となります。日々買い物をした場合には、必ずレシートを取ります。出費のすべてをレシートによって管理するのです。レシートが取れない場合は、メモ書きなどで残します。そして帰宅後に、そのレシートを見ながら、家計簿ソフトに科目別の入力をするのです。
 独身でなおかつお金を使わないように心がけている方であれば、日々のレシートは数枚程度であるはずです。よってこれを入力する時間は、数分もあれば十分でしょう。

家計簿によって把握できる自己の支出パターン


 家計簿ソフトを日々つけていき、一ヶ月も経過すれば、あなたの支出を、科目ごとに集計することが可能となります。つまり、何にいくら使ったかを一目で確認することができるのです。
 これを見ながら、じっくりと支出のパターンを把握します。無駄な出費がなかったか、どこにお金が必要となっているのかのバランスを慎重にみきわめていきます。
 すると、それまでには気づかなかった部分に、意外なお金をかけていることに気づくはずです。

家計簿データを検証し支出を極力抑えよう


 これを見極めたなら、翌月はその部分についての支出を極力抑えるように努めます。それ以外の科目についても、極力前月よりも少なくなるように、日々意識していきます。できれば支出がゼロの日を多く作ることに専念します。また、どうしたらゼロとすることができるかについての考察を深めていきましょう。
 この節約サイクルを徹底して推し進めるのです。
 すると、不思議なことが起こり始めるはずです。これまで毎月足りなかったお金が、月末においても余るようになるのです。これには必ず驚かれるはずです。

支出の徹底削減により得られるゆとり


 現在では、今後の収入増はなかなか望めないことが少なくありません。しかし支出を見直し、徹底して削減していくことで、収入を増やすことなく、ゆとりを手にすることができるようになるのです。
 さて、この繰り返しによって、月3万円のお金が安定して浮くようになったと仮定しましょう。あなたが日々行ったことは、家計簿をつける作業のみです。しかしこの作業が3万円を作り出したのです。これは月3万円、賃金がアップしたことと同じです。
 家計簿の作業は、そのまま3万円のサイドビジネスにつながったと考えることもできるわけです。しかもこれには所得税も必要ありません。
 是非とも、家計簿をつけることで、ゆとりある生活を手にしていただきたく思います。

Sponsored Link

生活関連サイト

  • 月10万円生活.com
  • ご好評頂いた「年収100万円の自由生活」の姉妹サイトです。月10万円で生活をするためのノウハウや意識をまとめました。

お金関連サイト

年収100万円の意識改革編

年収100万円の経済学編

年収100万円の支出削減準備編

年収100万円の開始手続編

年収100万円の支出削減実践編

年収100万円の資産形成編

年収100万円の労働時間削減編

年収100万円の食生活編

貧乏も得られる経済的自由