家賃の重みを考えることで削減できる額とは


Sponsored Link


「駅から徒歩5分のワンルームマンションで管理費込みの家賃7万円」


 東京近県であれば、これくらいの家賃は、ごく一般的なレートであるはずです。日本の10%以上に相当する人間が、東京近県に居住しています。この中には、東京で生まれ育ったという方も少なくないはずです。東京に生まれ育った方の場合、この金額はさほど高いとは思われないかもしれません。むしろ7万であれば安いほうだと感じられる方もいらっしゃることでしょう。
 しかしこのコスト、年間では84万円となります。仮に100万円の年収で生きていくためには、このコストでは到底やっていくことはできませんし、倍の200万であったとしても、かなりの負担になってしはうはずです。
 生きていくためには、住む場所が不可欠ですが、そのために発生するコストが、収入の30%を超えてくると、どうしても生活を圧迫することになります。
 よってこのコストを最小限に抑える必要があります。

家賃を圧縮するだけで得られるものとは


 東京以外であれば、場所にもよりますが、バストイレ付きのワンルームが2万円台という物件が数多くあることを、東京で生まれ育った人々はあまりご存知ありません。また、東京近郊であっても3万円台でバストイレ付の物件は、探せば数多くあります。
 仮に家賃を7万の半額の3万5千円に抑えられたとして、その差額は42万円にもなります。
 もしあなたが現在、低所得の重圧に悩まれているのであれば、そして、ワンルームマンションに住まわれ、高い家賃を毎月支払続けていらしゃるのであれば、なるべく安い部屋を探されることをおすすめします。まずは日々の生活の重圧から解放され、生活を立て直すことが先決なのです。
 独身の間であれば、たとえば3畳一間であったとしても、生きていくことは可能です。多くの荷物を処分し、新たに購入することを控えながら、今後の生活設計をじっくりと考えることができれば、そして、日々の重圧から抜け出すとともに、少ないながらも毎月の貯蓄を積み上げることができるなら、今まで闇につつまれていた未来にも、一筋の光が差し込むはずです。
 家賃は非常に重いコストとなっています。この部分の削減策は、じっくりと考えることを強くおすすめいたします。

Sponsored Link

生活関連サイト

  • 月10万円生活.com
  • ご好評頂いた「年収100万円の自由生活」の姉妹サイトです。月10万円で生活をするためのノウハウや意識をまとめました。

お金関連サイト

年収100万円の意識改革編

年収100万円の経済学編

年収100万円の支出削減準備編

年収100万円の開始手続編

年収100万円の支出削減実践編

年収100万円の資産形成編

年収100万円の労働時間削減編

年収100万円の食生活編

貧乏も得られる経済的自由