現状デフレ経済脱却は難しい理由


Sponsored Link


なぜデフレ経済からの脱却は難しいか


 インフレ誘導政策へと舵を取る日本政府ですが、その一方で公共投資を縮小したり、消費税を上げたりと、施策は迷走を極めています。部分的に給与額が上昇傾向にあったとしても、それが消費税の引き上げ額にも満たないのであれば、実質所得は下がることになります。これはつまりその分、私たちは貧乏になると言うことに他なりません。
 お金がないわけですから、物を買うことができません。すると売る側からすれば売上が減少するわけですから、為替変動に影響を受けない範囲で商品価格を下げざるを得ません。無理に価格を引き上げたとしても、他社にシェアを失われてしまうことになるからです。
 このような至極単純な側面からみただけでも、インフレ誘導は失策に終わることは明らかです。
 また、政府の借金がかさむからと、公共投資事業を縮小すれば、その分市場に流れるお金が減ることになります。消費者がお金を使えない状況下において、政府自体も市場へのお金の放出を縮小してしまえば、市場に流れるお金が枯渇することになります。
 どの市場にも同様にいえることですが、ニーズがありつつも枯渇した物の市場単価は必ず上昇します。よってお金の価値も上昇することになります。
 お金の価値が上昇すると言うことは、お金によって買うことのできる物の量は増えることになります。これはつまり、商品価格の下落なのです。
 このような要因においても、デフレ経済の脱却は難しいといえるわけです。

デフレ経済と100万円生活


 デフレ経済においては、お金の価値が高いわけですから、同じ100万円でも使える幅は広がることになります。すべての価格が低く抑えられているわけですから、これは当然といえば当然です。
 デフレ経済は、資本主義経済において悪影響を与えることが少なくありませんが、少ない時間を勤労にあて、残りの時間を自由に楽しむ100万円生活にとっては追い風になる側面もあります。
 ただし、安いからと無駄なものに消費をしていては、お金がいくらあっても足りません。各所でもふれてきているように「お金は使わない」という基本原則は死守する必要があります。
 慣れてくれば、お金などさして必要はないものです。固定支出を最低限にまで下げていけば、日々必要となるお金は、驚くほど少なくて済むものですし、支出額0円の日々が続くことさえ珍しいことではなくなるはずです。
 ちなみに、年金暮らしをされているご老人の中には、月3万円程度の生活費で暮らしている方もいらっしゃるといいます。年100万円生活の場合の月の支出額はおおよそ8万円程度ですから、それに比べれば楽なものです。
幸か不幸か、政府が正しい政策に路線変更するまで、デフレ経済は続いていくことでしょう。私たちは年100万円の自由生活を、謳歌しようではありませんか。

Sponsored Link

生活関連サイト

  • 月10万円生活.com
  • ご好評頂いた「年収100万円の自由生活」の姉妹サイトです。月10万円で生活をするためのノウハウや意識をまとめました。

お金関連サイト

年収100万円の意識改革編

年収100万円の経済学編

年収100万円の支出削減準備編

年収100万円の開始手続編

年収100万円の支出削減実践編

年収100万円の資産形成編

年収100万円の労働時間削減編

年収100万円の食生活編

貧乏も得られる経済的自由