水耕栽培で食費をゼロにする取り組み


Sponsored Link


暇な時間を水耕栽培に充てる選択肢


 年収100万円生活は、お金はないものの自由な時間を多く持つことができるものです。自由な時間は、生き甲斐を得るために使うこともできますし、趣味に没頭することに使うこともできます。しかしもし、生き甲斐や趣味をかねつつ支出を削減したりちょっとした収入を生み出すために使うことで、さらに効率的な生活を手にすることができるはずです。そこで今回は、そんな取り組みについて考えてみたいと思います。
 最近、水耕栽培がちょっとした流行を見せています。水耕栽培とは、土壌を用いることなく、成長に必要な養分を溶かした養液によって植物を育てることをいいます。水耕栽培には、レタスやサラダ菜、水菜などの葉菜類が適していますが、最近ではトマトやイチゴなどを水耕栽培によって収穫することもできるようになりました。
 地方にお住まいの方であれば、お金はないが土地なら余裕があるという方は少なくないはずです。このような空間的余裕をお持ちであれば、水耕栽培を始められるのも面白い取り組みとなりそうです。また、マンション住まいで空間的余裕がないという方であっても、ベランダの片隅で水耕栽培を始めることができます。さらには、ベランダさえないという方であっても、部屋のスチール製の本棚などを利用すれば、問題なく水耕栽培を始めることができます。
 水耕栽培を成功させるためには、それなりの知識や経験が必要ですが、現在ではインターネットを検索すれば、これらの多くは動画も含めていくらでも見ることができます。

手軽にはじめつつ可能性を秘めた水耕栽培


 水耕栽培を始めるためには、容器や専用スポンジ、銀イオンシート、専用養液、ポンプ、種などが必要となりますが、これらはしっかりと探せば、多くを100円均一店や日曜大工店などで安価に入手することができます。
 日当たりも悪く興味はあるが無理という方であれば、LEDによる水耕栽培環境を作り出すという手もあります。ちょっとした電気的な知識は必要ですが、LEDライトもまた100円均一店で入手することができるからです。
 最近は野菜工場という言葉が広く普及しつつあります。これまで農家が畑で生産していた野菜を、工場内にラックを組みLEDによる水耕栽培によって効果的に生産しようとする試みです。
LEDの波長を変えることで、野菜の光合成効率を最大限に引き上げることができます。、室内での栽培であることから虫の心配がなく農薬を使う必要もありません。つまり、より安全な野菜をより短期間に収穫することが可能となるわけです。
 工場とまではいかないものの、小規模に始めるのであれば、マンションやアパートの部屋の片隅からでも十分に可能である上、初期投資は、しっかりと考えれば1000円から2000円程度で済むはずです。LEDに照らされた鮮やかな緑色のレタスは、見ていとても癒されるものです。
 部屋の中のスチール製の本棚などを使い、成長過程を段数によって管理すれば、流れ作業的に収穫することも可能となります。
 さて、収穫した野菜は当然のこと、自分で食べるわけですが、安定生産が可能となったなら、透明な袋などでラッピングして、友人知人や隣人にわけてあげると喜ばれるはずです。なぜなら、まったく農薬を使わない新鮮野菜です。まずいわけがないのです。
 しばらくわけてあげると、それを買いたいという人や、別の食材をお返しにくれる人も増えてくるはずです。
 そうです。もしかしたら、食費自体をゼロにすることさえ可能となるかもしれないのです。しかも、楽しみや生き甲斐を継続することができます。研究に没頭できる奥深さも持っています。あくまでもひとつの選択肢ではありますが、面白い取り組みとしてちょっとだけ調べてみることをお勧めしておきます。

Sponsored Link

生活関連サイト

  • 月10万円生活.com
  • ご好評頂いた「年収100万円の自由生活」の姉妹サイトです。月10万円で生活をするためのノウハウや意識をまとめました。

お金関連サイト

年収100万円の意識改革編

年収100万円の経済学編

年収100万円の支出削減準備編

年収100万円の開始手続編

年収100万円の支出削減実践編

年収100万円の資産形成編

年収100万円の労働時間削減編

年収100万円の食生活編

貧乏も得られる経済的自由