数百ページのコンテンツを執筆するための簡単な方法


Sponsored Link


コンテンツを執筆する際のコツとは


 「自分は作文が苦手なので、とてもそんな量は書けない」と、多くの方がそう思われるかもしれません。しかし、簡単なコツを知っておくだけで、誰でも本1冊分程度のコンテンツを執筆することは可能です。コンテンツカテゴリーは、自由に決定することができるわけですから、ご自分の得意分野を選択すれば、自ずと書くべき項目は増えることになります。
 数百ページのコンテンツを執筆するための簡単な方法とは、まず第一に、自分が興味を持つ分野を選択する所からスタートします。
 たとえば、あなたは将棋について興味があるとします。将棋について深い知識を持っており、対局についても自信があるとしましょう。このような場合、将棋についてのサイトとすれば、書くことはいくらでもでるはずです。将棋の基本的ルール、駒の使い方、戦術、有段者解説、過去の対局解説、詰め将棋、将棋盤、駒を使った遊びなど、多くのコンテンツを考えることができることでしょう。まずはこれらの項目を、時間をかけて抽出し、紙に書き出します。

章立てから項や節を抽出した後に執筆を開始する


 そして、これらのひとつひとつを章とします。次に、章毎に詳細項目を考えていきます。「将棋の基本的ルール」という章であれば、駒の並べ方、駒の動き、禁じ手などさまざまな詳細項目を列挙することができるでしょう。「過去の対局解説」については、歴史的な対戦について、その戦略やあなたの感想などを数十、書けるかもしれません。
 このような項目の細分化により、あなたは、将棋に関する書籍の目次を作成していくのです。この作業を「章立て」と呼びます。将棋に関連する多くの情報を、目次として書き出していくわけです。私には将棋の知識はありませんが、仮にあなたが将棋について深い知識を持っていれば、この作業は、容易であるはずです。むしろ楽しみながら、さまざまな項目を列挙することができることでしょう。仮に目次の項目が全10章、章あたり50の項や節によって構成されれば、それだけで500ページのコンテンツを執筆することができるようになります。あとは、その詳細項目について、淡々と時間をかけて執筆を進め、随時アップしていけばよいわけです。
 この方法であれば、すべてを書き終えるまで、ネタに尽きる心配はありません。また、執筆を進める段階で、書くべき事はさらに増えていくはずです。これを章構成に加えながら、コンテンツをさらに膨らませていくことができます。
ここでは、将棋を例にしましたが、あなたが詳しい分野であれば、どの様な内容であれ、同様の方法で、コンテンツを作成し続けることができることでしょう。
 著述を職業とする人であれば、誰もが用いる方法です。この方法をあなたなりに応用することで、誰もがうらやむほどのすばらしいサイトを構築していただければと思います。

Sponsored Link

生活関連サイト

  • 月10万円生活.com
  • ご好評頂いた「年収100万円の自由生活」の姉妹サイトです。月10万円で生活をするためのノウハウや意識をまとめました。

お金関連サイト

年収100万円の意識改革編

年収100万円の経済学編

年収100万円の支出削減準備編

年収100万円の開始手続編

年収100万円の支出削減実践編

年収100万円の資産形成編

年収100万円の労働時間削減編

年収100万円の食生活編

貧乏も得られる経済的自由