低所得者層が決して貧困ではないことの論理


Sponsored Link


低所得者層の定義とは何か


 年収300万以下を、一般に低所得者層と呼びます。「低所得者」というと、とかく暗いイメージがつきまといます。過酷でかつ長時間の労働、お金に困りながらも日々大変な生活を余儀なくされている貧困層といったところでしょうか。
 年収300万円以下の場合、たとえば年収500万円の家庭と同じ消費構造を持つライフスタイルをおくるのは無理があるはずです。年間200万もの収入格差は、日々の生活にも、多大な影響を及ぼすことになるからです。

低所得のまま豊かになるための第一歩


 ところが「低所得者」と呼ばれる層の方の多くは、この無理を押し通そうとします。しかしこれには最初から無理があるわけですから、どう立ち回ってみても負債額がかさむ以外の結論はありません。
 しかし、それならばこれから先、ずっと貧困に喘いだ生活を続けなければならないかというと、決してそんなことはありません。
 仮に年収300万円のあなたが、まだ独身であるのなら、今のうちに即刻消費に対する意識を見直すことで、その後の未来は明るいものへと変えることが可能です。
 資本主義社会である日本において、お金を使うことはいくらでもできます。しかし便利さの裏側には、無駄な浪費の機会が数多く潜んでおり、あなたは気づかぬうちに収入の多くを、企業によって吸い上げられています。この罠を回避するだけで、豊かな生活を手にすることができることに気づくべきなのです。

自分を低所得者と考えている人の多くは貧困ではないことの事実


 たとえば、年収200万のあなたが、年間100万円の生活を決意するならば、単純計算で年間100万円もの貯金をすることができるようになります。100万の節約が果たして可能なのかと思われるかもしれません。しかし、これまであなたが消費してきたものの多くは、実は買ったり使ったりしなくとも、あなたが生きる上で、まったく問題のないものやサービスに対してのものであるはずです。
 ちなみに貧困とは、教育や医療、衣食住などの基本的なものやサービスを享受できない状態をいいますが、あなたは、既に衣類を身に付け、日々食事を取り、そして住まいを持っていることでしょう。また、ある水準の教育は必ず受けていますし、歯が痛くなれば、保険適用内の治療であれば受けているはずです。つまり、あなたは貧困状態にはありません。単に無駄な消費に対してのみ不自由なだけなのです。

徹底した消費に対する見直しのすすめ


 今後は徹底した消費に対する見直しを行うことをおすすめします。無理に消費を抑えるのではありません。ムダを徹底的に排除することで、極力お金を使わないライフサイクルを作り上げ、それを身につけるのです。
 さて、収入の半分で生活する環境を手に入れたあなたは、残りの半分を貯蓄にまわしはじめます。貯蓄額は毎月積み上がり始めるわけです。つまり、1年働くことで、1年働かなくても生きていけるゆとりを手にすることができることになります。
 将来に対する不安は、それだけですべて払拭されるはずですが、この大きな環境変化において、あなたの年収は1円さえも上がっていません。長期的不況が続く現在、年収を上げることは困難を極めます。しかし、自己の意識や環境を変えることは、あなたが決断しさえすれば可能となることです。
 いかがでしょうか。豊かな人生への第一歩、踏み出してみませんか?

Sponsored Link

生活関連サイト

  • 月10万円生活.com
  • ご好評頂いた「年収100万円の自由生活」の姉妹サイトです。月10万円で生活をするためのノウハウや意識をまとめました。

お金関連サイト

年収100万円の意識改革編

年収100万円の経済学編

年収100万円の支出削減準備編

年収100万円の開始手続編

年収100万円の支出削減実践編

年収100万円の資産形成編

年収100万円の労働時間削減編

年収100万円の食生活編

貧乏も得られる経済的自由