年収100万円の支出内訳考察


Sponsored Link


年収100万円の支出内訳モデル


 実質年収が100万円は、1ヶ月に換算するならば、約8万3千円ということになります。「月8万円そこそこで、どうやって生活しろと言うんだ」という声が聞こえてきそうです。しかし「お金を使わない」という観点に発想を転換しさえするならば、これは、例えば大都市圏においてさえ、実現することは可能です。支出内訳のモデルを以下に記します。

家賃 20、000円
公共料金 10、000円
食費 15、000円
保険・医療費 8、000円
娯楽費 10、000円
諸雑費 10、000円
貯蓄 10、000円
------------------------------
83、000円

科目別支出モデル内での具現化を設計する


 この例においては、税をはじめとした控除額を組み入れていませんが、収入目標を月10万円に設定しておけば、年収計は120万円となります。この中から20万円を控除額と算定するならば、それを差し引いたとしても月8万円程度は実際に拠出できるはずです。
 このモデルを具現化するためには、あらかじめ各科目内に収まるような環境を探したり、作り出すことが必要となります。
 たとえば、家賃2万円と決定したのなら、その範囲に収まる物件を探す必要があります。また、公共料金を総計で月1万円と決めたのなら、その範囲内で収まるような使い方をあらかじめ設計する必要性は生じます。
 実現のコツとしては、無理だと思わず決めてしまうことです。そしてそれを実現するために、どの様な物件やサービス、支出モデルが当てはまるかをじっくりと探してくことが重要なポイントとなります。

意外に可能な支出の大幅削減と貯蓄


 ちなみに家賃と公共料金の総計を3万円で抑えることは、大都市圏においても実現可能です。レンタルオフィスやシェアハウス、友人とのシェア、勤務先の寮をはじめとしてじっくりと探すことで見つけ出すことが可能です。大都市圏を離れてしまえば、2万円でバストイレ付きの物件を探すことさえできることをご存知でしょうか。また、ご実家に住まわれているのであれば、当然のことこの範囲で十分に収まるでしょう。方法はいくらでもあるのです。
 収入の10%程度もしくはそれ以上は必ず貯蓄に回すということが重要です。月8万円で生活しながらの貯金は、不可能なのではと思われるかもしれませんが、「お金を使わない」を基本原則として設計をするならば、これは決して無理な話ではありません。
 支出総計が8万円以内でかつ、その10%程度を貯蓄にまわすことができるモデルが具現化できれば科目内訳は、各々若干の差が生じてもかまいません。
 いかがでしょうか。あれこれと調べながら計画を立ててみるならば、かならず具現化への道が見えてくるに違いありません。

Sponsored Link

生活関連サイト

  • 月10万円生活.com
  • ご好評頂いた「年収100万円の自由生活」の姉妹サイトです。月10万円で生活をするためのノウハウや意識をまとめました。

お金関連サイト

年収100万円の意識改革編

年収100万円の経済学編

年収100万円の支出削減準備編

年収100万円の開始手続編

年収100万円の支出削減実践編

年収100万円の資産形成編

年収100万円の労働時間削減編

年収100万円の食生活編

貧乏も得られる経済的自由