年収100万円生活でのお米の知識


Sponsored Link


主食であるお米について考える


 「貧困に喘いでいる」といいながらも、実に無駄な生活をされている方をよく目にします。たとえば食生活において、外食やコンビニ弁当などを日々購入する人々です。
「コンビニごときで、どこが無駄なのか」
 そんな声が聞こえてきそうです。確かに無駄という表現はニュアンスが異なるかもしれません。しかし、そんなにまでしてお金を使いたいのかといいたくなるような散財であることは間違いありません。
 たとえば、お腹が空いたからとコンビニへ出かけ、お弁当と飲み物、ついでにコミック雑誌を購入したとします。
 すると、それだけで多分は、千円程度のお金が消えるはずです。そして、このような買い物を2回繰り返しただけで、2千円のお金があなたのお財布から消えていくことでしょう。
 さて、消えてしまったこの2千円で、たとえば安いお米を購入することを考えてみます。
 実は、安いお米であれば、2千円あれば10kg購入することができることをご存知でしょうか。また、10kgのお米があれば、お茶椀のサイズにもよりますが、おおよそ100杯のご飯を炊くことができます。つまり一人暮らしであれば、おおよそ1ヶ月のご飯を2千円でまかなうことができるのです。
 日本人の食生活の中心にあるのはお米です。お米を主食として取りつつ、その上で野菜や各種タンパク質を摂取するのが、日本における食生活の典型です。そして、この中心にある貴重なお米は、2千円あれば1ヶ月食することができるわけです。
 その貴重な2千円を、コンビニの2回の買い物で使ってしまうのは、少々もったいないとは思われませんでしょうか。

お米を炊くことの節約効果とは


 高いのでコンビニ弁当には手を出さないものの、温めるだけのパックのご飯はよく用いるという単身者の方は意外に多いものです。お茶椀1杯少々のご飯が、レンジで温めるだけですぐに食べられるわけですから、便利といえば便利なものです。
 しかしこの商品、おおよそですが120円程度の価格設定がなされているはずです。
 一方で、お米は10kgで2000円であり、10kgあればお茶椀で100杯程度であることから、1杯あたり20円ということになります。ざっくりとした計算ではありますが、パックのご飯が120円であるのに対して、安いお米を炊けば20円で食べられることになり、その差は1食あたり100円にもなるわけです。
 年間1000食をお米に頼ると計算した場合、差額はこれだけで10万円です。
 なお、お米を主食とする私たちは、お米さえあれば、あとは簡単なおかずをよういすれば食が成り立ちます。
 仮におかずに100円をかけたとします。すると1食あたり200円です。
 一方、これをコンビニ弁当に頼った場合、平均して500円程度としても、その差額は1食あたり300円、つまり年間で30万円の差額が生じることになります。
 年収100万円生活の場合、月の収入はおおよそ10万円程度であるはずですから、コンビニ弁当と、お米を炊くという選択の相違だけで、実に3ヶ月分の労働時間もの差額が生じるわけです。
「お米を炊くのは手間がかかる」
 このように思われる方も少なくはないことでしょう。しかし、ちょっとした手間を惜しむがために、毎年3ヶ月も余分に過酷な労働を余儀なくされる事実を把握していただければ、ちょっとした手間ぐらいはかけた方が良いことに、気づかれるかと思います。
 「貧困に喘いでいる」と頭を抱える方が、年間30万円もの無駄使い。
 考えてみると、随分と矛盾する事実だとは思われませんでしょうか。

Sponsored Link

生活関連サイト

  • 月10万円生活.com
  • ご好評頂いた「年収100万円の自由生活」の姉妹サイトです。月10万円で生活をするためのノウハウや意識をまとめました。

お金関連サイト

年収100万円の意識改革編

年収100万円の経済学編

年収100万円の支出削減準備編

年収100万円の開始手続編

年収100万円の支出削減実践編

年収100万円の資産形成編

年収100万円の労働時間削減編

年収100万円の食生活編

貧乏も得られる経済的自由