年収100万円生活に魅力を感じるが借金返済があるので無理というあなたに


Sponsored Link


陥ることが容易な多重債務


 実は、年収200~300万でありながら、実質年100万程度での生活をされている方は多く存在します。しかしそれは自発的というよりも、むしろそのような生活を強いられている方がほとんどです。多重債務に陥った方々です。
 先の見えぬ不況下において、手軽にお金を借りられるサービスは、確かに魅力的に見えるはずです。働いて働いて、それでも生活にお金が足りない場合、どうしても足りない分をどこかで埋め合わせしなければと考えるものです。そんなとき、TVやインターネット上で「簡単審査」「手軽に使える」「即日ご融資」などの言葉を目にすれば、それを救いとして借金に手を出してしまうことも、うなずけない話ではありません。
 しかし、もともとお金が足りない状況において、借りたお金の返済のみならず、年利率20%に近い高額の利子を支払う義務を負うことになります。つまりこの時点で、多重債務への道が確定してしまうのです。

多重債務に陥らないための簡単な施策


 本来であれば、高い利子が付帯するローンや借金に手を出す段階において、大きな意識改革と決断が必要となります。つまり、それまでの生活を徹底検証し、自分が何にいくら使っているのかを把握します。そしてその項目のすべてについて、「お金を使わない」を念頭におきつつ、どうしたらそれが具現化できるかを考えていくべきなのです。多くの方の場合、たったこれだけの作業で、年間100万程度のお金を捻出することが可能です。つまり高い利子の借金に手を出す必要などなかったのです。
 さて、幸せな生活を手にするには、ゆとりが重要なポイントとなります。しかし、生活苦に加えて、企業に年利率20%もの高額な利子を支払い続けなければならない状況には、ゆとりなどあろうはずもありません。

多重債務から抜け出すための簡単な方法


 もし、あなたが現在多重債務に陥っており、日々精神的にも経済的にも過酷な状況下にあるならば、迷うことなく自己破産をされることをおすすめします。
 自己破産申請は、弁護士や司法書士に依頼すことで簡単に行うことができます。日々の取立てに恐怖する毎日は、彼らに依頼した直後から解消されるのです。申請から裁判所の受理までは、数ヶ月から数年の時間がかかる場合があるようですが、精神的な安堵は直後に得ることができるわけです。

皆無に等しい自己破産のペナルティ


 なお、自己破産において、自己所有の不動産がある場合、それを処分する必要があります。ですから不動産所有の場合には、むしろその処分を先に考えたほうがよさそうです。、現金については90万円程度であれば、所持したまま破産を申請することが可能です。
 自己破産におけるペナルティとしては、今後7年間、クレジットカードの利用や銀行からの融資などができなくなります。また、弁護士や司法書士、警備員など種々の職業につくことが一時的にできなくなります。しかし、そんな程度です。社会的制裁はなんらありませんし、現在の仕事を続けることもできますし、法人の代表であれば、そのお立場を放棄する必要もありません。
 自己破産によってお金を借りることはできなくなりますが、同時に借金はすべて免除されることになります。つまりチャラです。これは今後年収100万の豊かな生活を実現するうえで有効な状況かともいえるでしょう。

いち早く100万円の豊かな生活への歩みを進めよう


 たかが借金で、一生を暗く送ることなどありませんし、ましてや死を考えることなどありません。
 「借りたものは返さなければならない」といった社会通念に反することに罪悪感をもつ方もいらっしゃるかもしれません。しかし、高い利子の内訳には、ある一定割合の貸倒がかならず乗せられているものです。個人間の借金は別ですが、高利貸しからの借金は、自己破産をしたからといって相手先が頭を抱える必要はないのです。
 さあ、早速自己破産の手続きをはじめましょう。そしていち早く悪夢から抜け出し、ごいっしょに年収100万の豊かな生活をはじめようではありませんか。

Sponsored Link

生活関連サイト

  • 月10万円生活.com
  • ご好評頂いた「年収100万円の自由生活」の姉妹サイトです。月10万円で生活をするためのノウハウや意識をまとめました。

お金関連サイト

年収100万円の意識改革編

年収100万円の経済学編

年収100万円の支出削減準備編

年収100万円の開始手続編

年収100万円の支出削減実践編

年収100万円の資産形成編

年収100万円の労働時間削減編

年収100万円の食生活編

貧乏も得られる経済的自由