年収500万円でも苦しい家庭が多い訳とは


Sponsored Link


年収500万円世帯の多くが将来の不安を抱える事実


 本サイトでは年収100万円で自由な生活をえるためのさまざまな意識改革や実質的手法について紹介しています。また、家族世帯の場合であっても、労働力を増やしていく方法によって十分にこの方法を継続することができることについてもふれています。
 つまり年収100万円の自由生活は、独身のみならず、家族世帯においても十分に対応することができるものだといえます。
 ところが、平均を上回る年収500万円を得ているにもかかわらず、将来の不安を抱える世帯が急増し、時にメディアで取り上げられることもあります。
 年収100万円で自由生活を得ることができるにもかかわらず、年収500万円を得ることができる世帯が、将来の不安を抱えるというのは、数字的に見てもおかしな話に見えます。
 しかし実はこれ、ごく当然のことなのです。
 今回は、なぜ年収500万円世帯が苦しいのかについて説明するとともに、彼らが簡単に苦境から脱するための意識改革にまで言及してみたいと思います。

年収500万円世帯が苦しくなる訳


 昨今のサラリーマンの平均年収は400万円程度といわれています。よって年収500万円あれば、平均以上の生活ができるはずです。ところがこの収入層における人々の意識には、大きな不安が散見されるものです。これはなぜでしょうか。実はこの訳にはいくつかの要因が絡みます。
 年収500万円の正規労働者、つまり一般的な正社員であり、ボーナスもしっかりと支給される方の場合、ボーナスの額によって上下するものの、税金などを控除された実質的な手取り額は25万円程度となります。年2回のボーナスには、おおよそ50万円程度の額が支給されることでしょう。つまり、平均を上回るとはいえ、実質的に手にできる金額は、さほど多くはないのです。
 平均年収500万円程度をえる方々の年齢層は、たぶん30代から40代の方が主流かと思われます。すでに家庭を持ち、お子さんもひとりかふたり、いらっしゃることでしょう。
 お子さんが小さい場合、まださほどお金はかかりませんが、中学、高校、大学へと進学するに従って教育費は家計に大きく圧し掛かります。ちなみに私立大学の学費の場合、学部にもよりますが、月10万円以上の支払いを余儀なくされることでしょう。加えて子供が遠方の大学へ進学した場合には、生活費を仕送る必要もあるかもしれません。
 そして思うわけです。
「今でも苦しいのに、そんな状況になったらとても生活を維持できない」
 つまり、平均以上とはいえ、決して満たされた環境下にはないのです。

年収500万円世帯が陥る罠とは


 年収500万円世帯が苦しくなる訳には、満たされた環境下にないこと以外、大きな罠が存在します。そしてこれが、不安を増大させているのです。
 年収500万円世帯の場合、住環境や社会的コミュニティなど、周囲にはより多くの年収を得ている家族がかならず存在するはずです。年収600万円から年収800万円程度であれば、手を伸ばせば届きそうな位置です。自分にももう少し年収があれば、あのゆとりが、あの生活が手に入るはずだと、多くの人は考えるはずです。
 しかし実は、これこそがもっとも大きな落とし穴となります。
 バブル以前の高度経済成長期のような繁栄は、現在の日本にはありません。いまだデフレ不況にあえぎ、給与は上がることがありません。人材不足により給与が上昇している職種もありますが、それはほんの一部といえるでしょう。現在は、年齢とともに年収が上がる時代ではないのです。
 しかしながら、豊かになりたいという思いは、誰もが持つことでしょう。年収が上がらない状況下にありながら、より多くの消費を願うわけですから、ここに大きな乖離が生じることになります。そしてこの乖離が、時に大きな負債を生じさせたり、ストレスや不安となって個々に跳ね返ることとなるわけです。
 また、住宅の購入もこれに拍車をかけることになります。
多くの人が住宅購入に走ります。たぶんはこの世代のご両親もそれを推奨することでしょう。しかし、今後は人口の減少が続くことから、不動産価格の上昇は、一部地域を除き望むことができません。かつてのように住宅購入が効果的な投資を実現することはないのです。
 地方都市などにおいては、土地の価格も安いことからまだ何とかなりますが、首都圏などで周囲と同様に一戸建てを購入すると、その返済額は多大なものとなります。
 仮に現在はギリギリで支払うことができたとしても、今後の給与の減少や、支出の増大など、不確定要素に耐えることはできません。
 つまり、年収500万円世帯の多くが、収入の実情を超えた支出を望み、しかもそれを具現化しようとしているわけです。しかしこれでは到底うまく事は運びません。破綻は目に見えているわけです。
 では、この層の世帯が豊かになる方法はないのでしょうか。
 次に、年収500万円の層を含む平均所得前後の家庭が豊かになるための方法について考えてみようと思います。

Sponsored Link

生活関連サイト

  • 月10万円生活.com
  • ご好評頂いた「年収100万円の自由生活」の姉妹サイトです。月10万円で生活をするためのノウハウや意識をまとめました。

お金関連サイト

年収100万円の意識改革編

年収100万円の経済学編

年収100万円の支出削減準備編

年収100万円の開始手続編

年収100万円の支出削減実践編

年収100万円の資産形成編

年収100万円の労働時間削減編

年収100万円の食生活編

貧乏も得られる経済的自由