平均年収世帯が豊かになる方法


Sponsored Link


 先に年収500万円世帯が生活に苦しい要因について説明をしました。消費意欲が盛んなこの層においては、どうしても支出が増えてしまいます。というよりは、支出を増やすためにお金を稼いでいるようなものなので、いくら年収を増やそうとも、生活は楽にならず、貯蓄額を増やしていくことは難しいものなのです。
 では、年収500万円前後の平均収入世帯が豊かになるためには、どの様な策を講じればよいでしょうか。ここではこの点について考えを進めていきます。

消費思考が実は無意味なことについて学ぶ


 平均年収前後の世帯が豊かになる方法は存在するでしょうか。実は、対策はいくつか存在します。もっとも簡単なことは、支出を大幅に減らすことです。
 しかし「簡単」と一口にいっても、自らのライフスタイルを抜本的に見直すことはなかなか難しいものです。また、ご家族がいる場合、ご家族の同意を得る必要もあるでしょう。この点が、実はとても大きな障害となります。
 そこで意識を抜本的に変える必要が生じるわけですが、これには段階的な施策が不可欠です。
 まずは、とどまることのない消費欲求をとめる必要があります。「お金を稼ぐ」→「使う」→「お金を稼ぐ」→「使う」の繰り返しでは、実はいくら収入が上がろうとも、生活が楽になることはありませんし、貯蓄額も増えてはいかないものです。
 むしろ多くの人は「お金をより多く使いたい」→「一生懸命働く」というプロセスにはまっています。つまり生活をより豊かにしたいがための収入なのです。これは、より多くの支出をしたいがための労働ということになります。
 確かにお金を使いたいだけ使う生活は、とても快適かもしれません。しかしその額を稼ぐための労働にはとても大きな苦痛が伴うはずです。つまり、快楽と苦痛の双方を、増大させることが、現代のサラリーマンの夢であり、願望なのです。
 ところがこれは、よく考えていただけばお分かりのように、とても無意味なことといえます。
 お金は使えばなくなります。これは当然のことです。しかし使う際に味わうことのできる快楽を、多くの人は望みます。実は買い物などにおいても、その物自体を必要とする以上に、購入時の快感にお金を支払うことがとても多いのです。つまり形なきものにお金を支払い、そしてそのお金を稼ぐために、多大な苦痛を背負い込んでいるわけです。

実は知られていない豊かになるための方法


 誰もが豊かに生活したいと考えます。薄給に喘ぎ困窮する毎日であれば、欲しいものやサービスのすべてをお金を出して手に入れることができる日々の方が楽だからです。
 そこで多くの人は、何とかして収入を上げたいと考えることでしょう。
 中には起業を果たし、努力の末に誰もが羨むようなライフスタイルを手にする人もいるはずです。しかし多くの人は、その夢を実現することはなく、逆に仕事は過酷になる一方で、年収は減少していきます。
 お金は誰もが欲しいと思うことでしょう。よって人々の目は、支出よりも収入へと引き寄せられることになります。年収1000万円、年収1億円という部分に注目が集まりやすいわけです。
 ところが年収1000万の人間が、実は借金苦に喘ぐこともあります。また、1億を自慢する人間が、簡単に破綻することもあります。このような方々もまた、収入に目をむけ、支出に対してはまったく対策をとっていない人々の典型となります。
 豊かになるためには、収入よりもむしろ支出部分に注目をする必要があります。資産家の多くはこのことをとても大切に考えます。なぜなら、支出部分をしっかりと考えるとともに、時間を味方につけることこそが、豊かになるための方法であることを知っているからです。
 ところが一般に、支出に対しては節約程度にしか考えず、しっかりとした対策をとろうとはしません。日々お金を無駄に垂れ流し、そして貧困の日々を続けるわけです。
 実は、豊かになるためには、収入部分はあまり重要ではありません。むしろ収入に見合う適切な生活ができているか否かが重要です。
 たとえば年収1000万の世帯の年間支出が1200万円であれば、年間の赤字額は200万円になります。一方で年収300万円の世帯の年間支出が200万円であれば、年間100万円の黒字となるのです。
 「年収を倍にしたい」と考えても、現状はなかなかそれを実現することは難しいでしょう。しかし、支出を半分にしたいとお望みなら、その策は、意識さえ変えることができれば、十分に可能なのことなのです。

意識を変えるための小さなコツを学ぶ


 さて、では「意識を変える」とは、実際にはどの様なことなのでしょうか。これは、物事のもっとも重要な点を、どこに置くかに注目した考え方です。
 たとえば、「年収500万円ではとても足りない」とあなたが考えていたとします。現在の一般的な世帯の多くが、同様の問題を抱えていることでしょう。ですからこの考えは、決して誤ったものではありません。
 ところがこの考え方には、無理があることに気づかれるでしょうか。
 あなたの年収は現在500万円です。しかしこれで足りないということは、あなたの年間支出願望を600万円、もしくは700万円程度の位置に置いていることになります。中にはもっと上に置いている方もいらっしゃるかもしれません。
 つまり、実現し得ない願望を追いかけては、頭を抱えていることになります。
 よってたとえばですが、「年収500万円なので、年100万円貯蓄をし残金で生活をする」というように考え方を変え、その考えに伴った実質的な対策を準備、実行していくことが必要となります。
「今でも足りないのに、年100万円の貯金だなんて絶対に無理だ」
 とそんな声が聞こえてきそうです。しかし本当に無理であるならば、年収があなたよりも低い世帯は、すべて生活が成り立たないことになります。しかし、年収300万円程度の世帯であっても、しっかりとお金を残している世帯はめずらしくありません。
 つまりできるのです。
 ただ、多くの人々の意識が、消費的上昇志向にあることから、これを実現しようとはなかなか考え付かないわけです。このため、無駄にお金を使い、借金が増え、貯蓄ができず、そして、日々お金がないのです。

豊かになるための実質的な方法とは


 では、豊かになるための実質的な方法とはなんでしょうか。
 先にもふれたように、意識を変えることができた段階において、この方法は実行可能となります。
 つまり、あなたの年収が500万円であった場合、この額をベースに、すべてを考えていくということです。年収が増えないのであれば、足りない、年収をあげたいなどと考えるのは無意味です。年収の中で貯蓄をしてしかも豊かに生活するための環境作りを始めるしかありません。
 実はコンテンツや書籍で目にするものに「節約」という言葉があります。節約は確かに必要なのですが、単に節約をするだけでは、辛いだけで高い効果を得ることはできません。
 むしろライフスタイルを根本的に見直し、年収の枠の中におさめ、しかもお金は使わずに残すことができるようにしなければ意味がないのです。
 しかしこれには、生活環境自体を変更する必要がある場合が少なくありません。
 たとえば、家賃収入が負担であれば住まいを変更する必要があります。また、日々の出費が多いのであれば、家族とともにこの点を改善し、お金を残すことができるように、家計を刷新させる必要もあることでしょう。
 とにかくは「年収500万円」であるならば、この中から、貯金をしてしかも豊かに暮らせるだけの環境を作らなければなりません。「足りない」のであれば、まだ補正が甘いので、さらなる検討を繰り返します。そして、「年収500万円」で余裕ある生活をし、しかもお金を残していけるライフスタイルを実現できるまで、検討を繰り返し行います。
 大丈夫、必ずできます。なぜって年収200万円以下でも、十分に生活しつつお金を残している世帯は、実際に存在しますので。
 なお、実質的な方法については、本サイトの各所でもふれているので、そちらも是非ともご参考いただければと思います。

年収100万円生活の世帯においての学費問題


 年収100万円生活をベースにした生活環境改善を提言する上で、必ずといっていいほどに出るものに、子供の学費をどう捻出するのかという質問があります。
「子供を大学まで進学させたいが、収入が少なくなければ、それも叶わない」というわけです。
 確かに学費は多大です。学部によっても異なりますが、私立で年間120万~150万、国立でも年間70万程度のお金は必要となるからです。
 本サイトでは、年収100万円の自由生活を実現するためには、それを実現することができる環境を作り出さなければならないことについて各所で説明をしています。
 実は学費も同様です。
 たとえばあなたには生まれたばかりのお子さんがいらしたとします。お子さんには、当然のこと大学まで進学させたいと考えるはずです。ところが、先に紹介したようなお金を捻出することは到底できそうにありません。さて、どうしましょう。ということです。
 実際、子供を育て上げるためには、通常ひとりあたり3000万程度は覚悟する必要があります。学費のみでも1500万円から2000万程度の支出を覚悟しなければなりません。しかし年収100万円生活においてこの額を捻出することは不可能です。
 そこで、学費を最小限にまで抑える必要があります。しかしこれは学校へ行かせない、進学をさせないという意味ではありません。
 まず親としてあなたがすべきことは、小学校就学前までに、学力を伸ばすための土台を作ってあげることに尽きます。読書に親しみ、意欲的に学ぶことができる子供を育て上げるための幼児教育に時間を使うわけです。
 すると小学校、中学校、高等学校はすべて国公立でことが足ります。大学については、奨学金制度やスカラシップなどを利用することで、学費免除での進学をさせることも可能となります。また、国公立大学への進学ができれば、たとえスカラシップなどを使うことができなかったとしても、子供のアルバイトなどで学費を捻出することができます。
 お子さんの学力は、そのまま学費問題を解消する手立てとなるわけです。
 学力があれば、俗に言われる「貧困の連鎖」を引き起こすこともありません。
 年収100万円生活は、決して貧困ではありませんが、それでもお金がないからとお子さんの進学を断念させてしまっては、連鎖が生じるリスクがあります。
 よって、お子さんの成績は、高いレベルで推移させる必要があり、そのためには、就学以前の貴重な時間において、しっかりとした幼児教育が不可欠となるのです。

Sponsored Link

生活関連サイト

  • 月10万円生活.com
  • ご好評頂いた「年収100万円の自由生活」の姉妹サイトです。月10万円で生活をするためのノウハウや意識をまとめました。

お金関連サイト

年収100万円の意識改革編

年収100万円の経済学編

年収100万円の支出削減準備編

年収100万円の開始手続編

年収100万円の支出削減実践編

年収100万円の資産形成編

年収100万円の労働時間削減編

年収100万円の食生活編

貧乏も得られる経済的自由