貧困層に見られる共通点


Sponsored Link


貧困層の共通点


 貧困層に見られる共通点は、当然のことながら低所得であることです。至極当然のことであるわけですが、実は、貧困家庭が低所得であるものの、低所得の家庭が必ず貧困家庭であるとは限らないのに気づかれるでしょうか。
 確かに貧困であるわけですから、セレブな生活はできません。長期休暇をとって海外でゆっくりと過ごすことは無理でしょう。また、高級外車を乗りまわしたり、一流シェフが腕をふるうレストランで食事を楽しむこともできないかもしれません。

貧困層の傾向として存在する消費パターン


 さて、貧困層に見られる共通点に戻りますが、低所得である以上、高いものには手が出ないはずです。しかしその一方で、100円程度の小さなものを多く購入する傾向があることをご存知でしょうか。
 たとえば、夏の暑い日にはペットボトルのお茶や炭酸飲料に頻繁に手を出したりします。また、お財布に若干のお金が入っていれば、その範囲内で遊びやギャンブルに手を出したりすることがすくなくありません。本来お金がないわけですから、その範囲内で出費をすることは当然なわけですが、小さいものを買う頻度が日々非常に多いのです。つまり、小さな買い物を頻繁に繰り返す傾向にあるのです。
 いかがでしょうか。思い当たることはありませんか?家の中には、多くの小物や商品が溢れていませんか?
 本来であれば、お金がないはずなのですが、家の中には多くの小物や商品が溢れかえっている。これこそが貧困層に見られる共通点です。そしてこの傾向は、貧困をさらに加速させる要因となります。
 しかし、ちょっとした発想の転換で、私たちは貧困状態から脱出することができます。そうです。実は豊かに生活することは決して不可能ではないのです。

Sponsored Link

生活関連サイト

  • 月10万円生活.com
  • ご好評頂いた「年収100万円の自由生活」の姉妹サイトです。月10万円で生活をするためのノウハウや意識をまとめました。

お金関連サイト

年収100万円の意識改革編

年収100万円の経済学編

年収100万円の支出削減準備編

年収100万円の開始手続編

年収100万円の支出削減実践編

年収100万円の資産形成編

年収100万円の労働時間削減編

年収100万円の食生活編

貧乏も得られる経済的自由