お財布のお金を徐々に減らしていく試みを


Sponsored Link


あなたのお財布には現在いくら現金が入っていますか?


 あなたのお財布には現在いくら現金が入っているでしょうか。また、どの様な種類のお札が入っているでしょう。もし、5千円札や1万円札がお財布に入っていたのなら、あなたの支出にはあきらかな削減余地があります。
 年収100万円生活を実現する人の場合、千円札が1,2枚程度しか入っていないはずだからです。
 「千円や2千円程度しか持たないなど、不安ではないのか」
 あなたはそう考えるかもしれません。
 しかし、ライフスタイルを抜本的に見直すとともに、お金を使わない生活を身につけることができれば、その程度の現金があれば、十分に不安なく過ごすことができるようになります。
 なぜなら、お金は基本的に使わないわけですから、持ち歩く必要がないのです。
 「しかし万が一の時に不安ではないか」
 あなたはそのようにも考えるかもしれません。しかし大丈夫。年収100万円のライフスタイルを習得する頃には、万が一においてもお金を使わない対応策を身につけているはずだからです。

お財布に入れる現金を徐々に少なくする方法


 常に1万円以上の現金を持ち歩いている方の場合、まずはそれをやめていただきます。たとえば、お金が少なくなった際、あなたはATMからお金を引き出すことになるはずです。
 この場合、9千円からあなたの所持金(1000円単位)を減額した金額を、ATMからおろすようにします。たぶんは千円札でATMから出てくるはずです。
 お財布にいれる金額は最大で9千円としてください。また、できうる限り5千円札や2千円札の使用はやめます。お財布に入れる上限が9千円なので、あなたのお財布に、今後1万円札が入ることはありません。
 そしてこの9枚の千円札で、どれくらい生活をすることができるかの耐久レースを行っていただきたいと思います。当然のこと、長ければ長いほど優秀ということになります。基本はお金をつかわないわけですから、滅多にこのお金は減ることがありません。
 しばらくすると、9千円の所持金であればかなり長い間、持つようになるはずです。明らかに支出削減に成功したという事です。それを確認することができたなら、次には、お財布には4千円以上入れないようにします。この金額で同様の耐久レースを行うことにします。
 「お金を使わない」ことを念頭にこの耐久レースをすると、支出削減は驚くほどの効果を得ることを実感されることでしょう。
 この流れをつけてしまえば、あとは簡単です。あなたは次第にお金を使うことなく生活をすることを覚え、習慣化し、最終的にお金に追われる生活から脱却することに成功するのです。

小銭入れを必ず持つこと


 なお、お財布の所持金を効果的に減らしていく上で、必要となる物に小銭入れの存在があります。
 お財布の所持金を減額していく際、発生した小銭はかならず小銭入れに入れて持ち歩きます。そして何らかの買い物をする場合には、この小銭入れからお金を支払うようにします。
 小銭入れですから、当然のこと大した金額は入りません。よってここからお金を支払う場合、金額はあくまでも小額なものに限られることになります。
 千円札はなるべく温存し、小銭での支出のみにとどめれば、自ずと支出額が減少傾向を取ることになります。また、1円の単位までしっかりとお金を数えて支払うことを心がければ、無駄な支出を最低限に抑えることができるようになるものです。
 お金を使うことは、本来面倒なことなのです。キャッシュレスによる支払いが、如何に企業を儲けさせているものなのかを、是非とも実感していただきたく思います。

Sponsored Link

生活関連サイト

  • 月10万円生活.com
  • ご好評頂いた「年収100万円の自由生活」の姉妹サイトです。月10万円で生活をするためのノウハウや意識をまとめました。

お金関連サイト

年収100万円の意識改革編

年収100万円の経済学編

年収100万円の支出削減準備編

年収100万円の開始手続編

年収100万円の支出削減実践編

年収100万円の資産形成編

年収100万円の労働時間削減編

年収100万円の食生活編

貧乏も得られる経済的自由


Sponsored Link